S5総合(最終8位)

はじめに
今期は夏休みということもあり時間も十分に取れるだろうと思い総合レートに挑戦した。結果は以下の通りで、目標としていた最終1ページに入ることができた。

f:id:volcaltaria:20170912161807p:plain


各ルールの構築と詳細

  • シングル(最高1956最終1937)

f:id:volcaltaria:20170516192544p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170516192627p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170516192612p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170516192700p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912165354p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912165500p:plain:w50
シングルはくりぷとんさんにもらった上記の構築を使用していた。(詳細は伏せます)

最終日前日に1956まで上げ、最終日の様子を見ながら潜るかどうか判断しようと思っていた。その時点で6位で、最終日の3:30更新で6位に1pt負けて7位に落ちていたので1戦だけ潜り勝っても負けても終わろうと思ったところ負けてしまい最終1937で終了。

  • 全国ダブル(最高最終1901)

www.emolgame.jp

全国ダブルではこの記事を参考にして構築を組み、並びや持ち物は全て一緒で一部の調整だけ少し変えて使っていた。
最終的な上記の記事との主な違いは、
ガルーラを陽気AS
ランドロスのAを削って準速ガルーラ抜き
レヒレのCを削ってSを114
ランドロスの岩雪崩を封じに変更
ギルガルドの身代わりをラスターカノンに変更
の5つである。
最初はADガルーラとS149ランドロスを使っていたが、ガルーラのSラインが上がっていて、相手のガルーラに上から猫やグロウを打たれ好き放題されていたため、ガルーラミラーで上を取って優位に立ち回れるようにし、ランドロスも準速ガルーラの上をとって行動できるようにした。レヒレに関してもレヒレミラーで優位に立つためにSをあげている。また、ランドロスいわなだれを岩石封じにしたのは、岩技は全体技で攻めることよりも4倍弱点のポケモンに確実に当てることを求めたかったことと、追加効果にしてもいわなだれの怯みによるワンチャンも魅力的であるがこの構築にはS操作手段が少ないので岩石封じによるS操作は有用であると判断したためである。ギルガルドの技構成に関してはかなり迷ったが、ノーマルや悪タイプに打点が取れるラスカが欲しいと考え、身代わりを切るかワイガを切るか悩んだが身代わりにした。
このルールははじめあまり手をつけていられず1900まであげられるか不安で、実際に最終日直前まで18に乗っては落ちると言った感じだった。しかしガルーラの型を変えたりして改良を加えたところ一気にレートが伸び、最終日に目標としていた1900に乗せることができた。

f:id:volcaltaria:20170516125419p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912171349p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170516123339p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912165354p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912171528p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170516192627p:plain:w50

今期のスペレのルールはさかさバトルというもので、タイプ相性が普段と逆転するというものである。
まず各個体を軽く解説
陽気ASガルーラ@ナイト 猫捨て身グロウ不意打ち
範囲は基本的にノーマル技で足りるためこのような技構成。高い対面性能はもちろんのこと、グロウで崩しにいく、物理受けを誘ってテテフで崩しにいくなどといったムーブが可能。
陽気ASバシャーモ@飛行Z フレドラ膝オウム返し守る
Zオウム返しはAを二段階上げた後、相手が最後に出した(攻撃技ならば)Z技にして返すというもの。相手が繰り出す技はさかさなら相手に打点を取りやすいと考え採用してみた。しかし相手の行動依存になるのが扱いづらかった。
陽気ASカプ・コケコ@スカーフ ワイボ蜻蛉ボルチェンめざ氷
上から電気の一貫を取りやすく、また初手になげて蜻蛉やボルチェンを打つ動きも強かった。ボルチェンはガブに4倍で入るため初手でガブと対面したときは安定行動になる。めざ氷はパルシェンピンポ。
控えめhbcカプ・テテフ@メガネ 自然の力ショックムンフォ10万
有利対面を作ることができればだいたい一体はもっていけるポケモンエスパーを半減で受けられるのは格闘と毒だけで、それらも生半可な耐久では受け出しは効かないためである。物理受けや特殊低火力などとうまく対面させることを意識した。また、ラキクレベースのような受け回しにも選出しこのポケモンで崩しに行った。
臆病HSジャローダ@ゴツメ リフスト光合成挑発リフレク
ガルーラ環境であるためゴツメ枠は必須と考え、その中でも上から動くことができ一貫しやすい技で自身が積みながら殴ることもできるジャローダを採用。しかしガルーラにしても後出しから安定するわけではなく(特に秘密の力)、また草食持ちポケモンがいると殴っていく展開も阻止されてしまうため使いやすいとは言いづらかった。挑発を持っているため、受け回しでこのポケモンをラッキーで見ている構築には強く出ることができた。
腕白HBカビゴン@フィラのみ おんがえし鈍いリサイクルどくどく
火力の高くない特殊や積み技のない物理などには雑になげていったりでき、鈍いを積んで詰め筋にもなれるカビゴンを採用した。打点はノーマル技で十分であるためラス1の枠には高耐久にささる毒を入れた。また積み技を持つ物理でも相手によっては十分戦えるスペックを持っており、とても性能の高いポケモンでこの構築のMVPといってもいい活躍だった。

さかさはS5が始まる前にルールが発表された時から考察していて、叩き台としてこの構築で潜ってみたところ思ったより勝つことができ、そのまま比較的高勝率で1800に乗る事が出来た。しかし、その頃からガルーラの刺さりが悪く、また眠る持ち高耐久などの処理しづらいポケモンや、カイリューなど苦手なポケモンも増えてきたためそこで潜るのをやめた。ちなみに、最終日にやることがなくなってサブロムでこれに少し改良を加えた構築でさかさに潜っていたらメインロムを超えてしまい悲しい気分になった。

  • WCS(最高1761最終1754)

f:id:volcaltaria:20170516192627p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912203502p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170516125632p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912181846p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170912181854p:plain:w50f:id:volcaltaria:20170516123232p:plain:w50
最初は先輩のBellさんから貰った上記の構築を使っていた。この構築で最高1761まで上げたが、その後刺さりが悪くなったこともありレートが上がらず1700前後でうろうろしていた。
そこでちょうどWCSの本戦があり、ベスト4になったSNOWさんの構築が公開されQRコードもあったのでそれを用いて1754まで上げ、明らかにマッチングが良くないので他ルールを上げた方が良いと判断し保存。(SNOWさんの構築 世界大会ベスト4構築[ロイドブーン入りマンダグロス] - 雪解け道。)


全体の流れ
まず全体の流れとしては、今期は全体的にレートを上げつつスペレを最初は重点的に上げ、本来は1850を目標にしていたが構築の刺さりの悪さと他ルールに移行したいこともあり1800で保存、その後WCSを上げた。シングルとダブルは最後の一週間くらいまであまり上げられておらず不安だったが、最終日前日にシングルダブルを良いところまで上げられその時点で6位に入っていた。そして最終日にダブルを1900まで上げたところで3:30更新を待ち、1人に抜かれていてその人と1pt差であり、8位とはかなり差があったのでシングル1戦だけやることにし(勝てば6位、負けても順位が変わらない可能性が高いため)負けたところで終了。最終的にもう1人抜かれていて8位。
今期は総合に挑戦するのは2回目である程度どのように上げていくかの構想もありおおかたその通りに上げることが出来た。本来は2000-1900-1800-1800で合計7500が目標だったが、WCSが上がらないのと最終日近辺で5位以上と6位以下の差が明らかだったので6位を狙う方針にし、最終的に上記の結果になった。


おわりに
今期は総合を挑戦するに当たって一番の目標として掲げたのはS3では達成できなかった最終1ページというものだった。その上で、溶かし過ぎないようにしながらなるべく上の順位を狙った結果、8位という順位になり、目標を達成することができた。しかし、総合最終1ページといっても、その中でさらに上位の人たちと1ページ目に入るかどうかというラインの人たちのレベルの違いを改めて実感させられた。次に総合をやる機会があるかはわからないが、そのときがあればさらに上の順位を狙っていけるように、ひとまずは各ルールの実力を向上していきたいと思う。


special thanks

  • 構築提供、参考元のくりぷとんさん、Bellさん、ナギサさん、SNOWさん

みなさんの協力や記事なしではここまで戦えませんでした。とても感謝しています。

  • 一緒にレートしてくれたみなさん

挙げ切れないのでまとめて。レート通話や合宿などで一緒に潜ってくれた方達のおかげでモチベを保ちながら潜ることができました。

  • むくれねこさん

最後までやり切れたのは、むくれさんが1位を目指してるんだから自分も頑張らないと、という思いがあったからに違いありません。最後まで一緒に戦えてよかったです。